Home » 2008年, サッカーニュース »  チャンピオンズリーグ、PK戦の末マンチェスター・ユナイテッドが優勝(2008年5月)

現地時間21日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)2007-2008決勝・チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドがモスクワで行われた。試合は1-1の同点からPK戦の末、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が6-5で優勝を果たした。

試合は前半26分クリスティアーノ・ロナウドがヘディングシュートで先制ゴールを決めるが、前半終了間際の45分にチェルシーのランパードがゴールを決め、1-1の同点とする。激しい雨が降り続く中、試合は延長戦でも決着が付かず、PK戦にもつれ込む。マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドがPKを止められるが、チェルシーのジョン・テリーも雨に足をとられゴール枠を大きく外す。最後はチェルシー6人目のキッカー、アネルカのボールをGKファン・デル・サールが止め、マンチェスター・ユナイテッドが1998ー99シーズン以来となる通算3度目のチャンピオンズリーグ優勝を果たした。

関連タグ: , ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
2008年, サッカーニュース
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/221/trackback
サッカー記事: