Home » 2008年, サッカーニュース »  ランパード、母の死を乗り越えチームをCL決勝に導く活躍(2008年5月)

チェルシー(イングランド)のイングランド代表MFフランク・ランパードは母が亡くなった悲しみを乗り越え、大舞台で大きな仕事を成し遂げた。

母パット・ランパードが病に倒れた際にはリーグ戦を欠場して看病にあたっていたランパードだったが、24日に母は他界。その精神的なショックから、30日のチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのリヴァプール(イングランド)戦を欠場するとの見方もされていたが、練習に復帰して気丈に振る舞うと、クラブ初のファイナル進出をかけた重要な一戦にも出場した。

スルーパスでドログバの先制弾をアシストするのみならず、延長8分に得たPKの場面ではプレッシャーのかかるなかで冷静に決めた。PKを沈めた瞬間には左腕の袖下に隠していた喪章に口づけし、感極まった表情で天国の母にゴールを捧げていた。

チームは延長戦の末に3-2で勝利。史上初の初のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たした。

引用元:
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080501-00000012-ism-socc

関連タグ: , , ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
2008年, サッカーニュース
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/204/trackback
サッカー記事: