Home » 2008年, サッカーニュース »  中田英寿が試合主催 釜本邦茂vsモウリーニョ(2008年4月)

06年W杯ドイツ大会を最後に現役を引退した元日本代表の中田英寿氏(31)が15日、東大本郷キャンパス内で会見を行い、6月7日に日産スタジアムで元日本代表の釜本氏が監督を務める「JAPAN STARS」と前チェルシー監督のモウリーニョ氏の率いる「WORLD STARS」による試合を開催することを発表した。

中田氏が代表を務める「TAKE ACTION!2008実行委員会」の主催で、大会名は「プラス・ワン・フットボール・マッチ」。チャリティーマッチではなく、世界中のさまざまな問題を解決する意識の喚起が目的。出場選手は後日発表されるが、中田氏は出場予定で現役引退後、初めて国内のピッチに立つ。タイで合宿を張るなど試合に向けた準備を進めているそうで「サッカーを通して自発的に何かやりたいという人が1人でも増えればいい」と話した。

引用元:
http://sports.yahoo.co.jp/news/20080416-00000028-spn-spo.html

関連タグ: , , ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
2008年, サッカーニュース
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/188/trackback
サッカー記事: