Home » 2008年, サッカーニュース »  アドリアーノ、「皇帝の手」ゴールを決める(2008年4月)

アドリアーノが「神の手」ならぬ「皇帝の手」ゴールを決めた。ブラジル・サンパウロ州選手権・準決勝第1戦でサンパウロがホームでパルメイラスに2-1で先勝した。

この試合でセリエAのインテル・ミラノから期限付き移籍しているFWアドリアーノが全得点を決める大活躍、しかし先制弾が手に触れていたことが分かると「あれは“皇帝(自身のあだ名)の手”ゴールだ」とニヤリ。マラドーナの“神の手”ゴールを引き合いにご機嫌だったそうだ。

引用元:
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080415-00000026-sanspo-spo

関連タグ: ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
2008年, サッカーニュース
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/185/trackback
サッカー記事: