Home » 2007年, サッカーニュース »  トレゼゲ、女性と一緒にいるスクープ写真を買い取らされる(2007年5月)

パパラッチは日夜スキャンダル写真を撮るチャンスを狙っており、当然サッカー選手も例外ではない。そして、その写真を売る相手も週刊誌ばかりではない。今回、その被害にあったのはユベントスのFW、ダビド・トレゼゲのようだ。なんと、奥さんではない女性と一緒にいるスクープ写真を買い取らされたという。

ニュースによると、トレゼゲは知人の女性とディスコから出てきたところをパパラッチに撮られ、ある金額を支払わないと、その写真を週刊誌に売りつけるぞ、と言われたらしい。奥さんもいるトレゼゲは、仲介役の人物にやむなく2万ユーロ(約300万円)ほど支払い、その写真を買い取ったという。

実はこの時仲介にあたったファブリツィオ・コローナという人物もグルで、パパラッチと組んで大儲けしていたらしい。トレゼゲだけではなく多くのサッカー選手も被害にあったとのこと。

引用元:
http://news.livedoor.com/article/detail/3181200/

関連タグ: ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
2007年, サッカーニュース
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/171/trackback
サッカー記事: