Home » オランダ, サッカー選手名鑑, 現役引退選手 »  デニス・ベルカンプ
4
4 月
soccerboy

デニス・ベルカンプ1

デニス・ベルカンプ(Dennis BERGKAMP)
国籍 オランダ
生年月日 1969年5月10日
身長 183cm
体重 81kg



オランダサッカー界、そしてアーセナルの歴史に名を残す天才プレーヤー。ポジションはフォワードで、セカンドトップでのプレイを得意とした。「アイスマン」のニックネームの通り、ピッチの上では冷静沈着に振る舞い、そして華麗かつ正確なプレーでゴールに結びつける。

何が何でも点を取る、というタイプの選手ではなく、周囲の状況を見てパス・ドリブル・シュートを正確に使い分け、そのどれもが一級品。特に、ボールタッチ、トラップの技術が絶妙で、これに秀でていたジネディーヌ・ジダン、ロベルト・バッジョと比肩され、歴代トップクラスと賞されるほど。極上のファーストトラップで相手を完全に置き去りにし、ゴールへとボールを流し込む。その真価が発揮された試合が1998年フランスワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦、そして01年プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド戦と言われている。特に後者でのプレーは「ベルカンプターン」と呼ばれ、ベルカンプの技術力を証明する要因になっている。(ベルカンプ本人曰く「イメージ通りのプレーだった」とのこと)

フィールドの外では控えめでクールなプレーヤーとして知られてるが、それと並び有名なのが極度の飛行機恐怖症だということ。その原因として「乗っていた飛行機が爆破予告の対象になり、それがトラウマになっている」「機中で同行記者に不安を煽る事を言われた」「自分が乗る予定だった飛行機に乗った友人が亡くなった」等の説がある。
「友人が亡くなった飛行機事故で亡くなった」ことについてインタビューした時には、「確かにそういった事故があったのは事実だが、それと自分の症状とは関係ない。それとはまた別の要因がある。」と冷静に語ったそうだ。

05-06シーズン終了とともに現役を引退。引退試合には数多くのサッカー関係者が駆けつけ、これを祝福した。

関連タグ: ,

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
オランダ, サッカー選手名鑑, 現役引退選手
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/159/trackback
サッカー記事: