Home » サッカー選手名鑑, ドイツ, 現役引退選手 »  オリバー・カーン
9
4 月
soccerboy

オリバー・カーン1
オリバー・カーン(Oliver Kahn)
国籍 ドイツ
生年月日 1969年6月15日
身長 188cm
体重 91kg



サッカー史に名を刻む名ゴールキーパー。抜群の反射神経と正確なポジショニングでゴールを守り、幾度となく最優秀ゴールキーパーに選ばれた。欧州サッカー連盟が選ぶ歴代欧州サッカー選手ベスト50の中に、現役のゴールキーパーでは唯一選出された。

2002年の日韓ワールドカップでは素晴らしいプレーを連発し、当時劣勢と呼ばれていたドイツ代表を決勝まで導いた立役者とも言われている。惜しくも決勝でブラジルに敗れはしたものの、カーンは2002ワールドカップ最優秀選手、2002ワールドカップ最優秀ゴールキーパーに選ばれた。

ピッチの上では鬼のような形相で指示を出し、圧倒的な威圧感と存在感を示す。チームメートからの信頼も厚く、2006年のドイツ・ワールドカップでは控えに甘んじたものの、ベンチから絶えず声を送り、味方を鼓舞した。もちろん技術力も素晴らしく、シュートに対しての正確な位置取り、リスクを極力回避するプレーで、自らピンチを招くことが非常に少ない。

非常に生真面目な性格で、自他ともに完璧なプレーをすることを信念としている。そのためか、幼稚園児との交流の一環でサッカーのゴールキーパーを務めたが、「たとえ相手が誰であろうとゴールを守る」いう信念から幼稚園児のシュートも完全にセーブしてしまったり、チームが負けている時にゴール前まで上がってきてパンチングゴールを決めてしまい、退場になったというエピソードもある。

2007-2008シーズンを最後に現役引退を発表し、2008年9月2日に引退記念試合としてドイツ代表対バイエルン・ミュンヘンの試合が行われる予定。

関連タグ:

関連記事


投稿者:
soccerboy
カテゴリー:
サッカー選手名鑑, ドイツ, 現役引退選手
トラックバック:
http://soccer.info-square.jp/archives/136/trackback
サッカー記事: